女性ホルモンは女性のお守り

女性ホルモンて聞いたことあるけど、良く知らない、という方にぜひ覚えてほしい!
女性ホルモンは女性のお守りだということ!

女性ホルモンは生理や妊娠・出産と関係するだけでなく、女性の身体、そして心に大きく影響しています。

骨や筋肉に影響しているので、女性ホルモンが減る閉経後女性は骨粗鬆症になりやすくなります。
血管にも効いているので、閉経後動脈硬化が進みやすくなります。
皮膚や粘膜にも効果があるので、閉経後皮膚が乾燥したりします。膣も乾燥してかゆくなったりします。
脳や自律神経にも影響があるので、閉経後認知症が進みやすくなったりします。

なので、更年期の症状が強くなくても更年期は女性のからだにとってお守りの効力がきれる時期。
ぜひ一度健康診断にいったり、婦人科にいってホルモン補充療法を検討したり、してほしいです。