更年期って症状がなければ何もしなくていいの?

女性の更年期。その症状は個人でさまざまといいます。
夜眠れない、ホットフラッシュ、顔がほてる、疲れやすい、などその人によって異なります。
更年期指数(SMI)という簡単に更年期をチェックできるチェック表もありますので、ぜひしてみてくださいね。
更年期指数では50点を超えたら受診しましょう、となっています。

しかし、症状がなければ更年期に何もしなくていいのでしょうか?

そもそも更年期とは、閉経の前後5年ずつ計10年のことです。
閉経の平均年齢が50歳くらいなので、平均的には45歳~55歳ですが、個人差がありますので早い方では30代後半、40代前半から始まることもあります。

では、更年期症状ってどうして起こるのでしょうか?
それは、女性ホルモンが急激に減少することにより起きています。
症状がない人は女性ホルモンは減少していないのでしょうか?
いえ、更年期には症状が強くても強くなくても、女性ホルモンは急激に減少しているのです。

それでは、女性ホルモンが減少すると何が起きるのでしょうか。
女性ホルモンは、女性のお守りのようなもので、骨や筋肉、皮膚や粘膜、血管、脳、心、など全身に影響をしています。
卵巣や子宮だけじゃないんです。

したがって、
骨を守っていてくれたお守りがなくなり、骨粗鬆症になりやすくなったり
皮膚や粘膜に潤いを与えてくれていたのがなくなり、皮膚が乾燥しやすくなったり、膣の乾燥感なども感じることもあるそうです
血管をつまりにくくしてくれていたのがなくなり、動脈硬化がすすんだり、
脳をまもってくれていたのがなくなり、認知症になりやすくなったり、気分が落ち込んだり
と、全身の変化があります。
すると、更年期以降、かかりやすい病気が変わってくることがわかりますね。

症状がなくても、身体の中には大きな変化が起きているんですね。
では、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、女性ホルモンの減少で全身に影響がでることを知ること。
そして、何か身体に変化が起きたときに、そこだけ対処するのではなく、更年期の可能性を考えて対処すること。
更年期の可能性に気づかないと、いろいろな病院にかかって薬ばっかり増えてしまうこともあります。
更年期の症状とは気づかずに精神科、内科、皮膚科、など、といろいろな診療科をたらいまわしにされたけれどよくならなかったというお話もききます。

婦人科で年齢にあった女性のための検診を受けることもいいと思います。
最近は年齢別に女性用の検診メニューを用意している以下のようなクリニックもあります。
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座:http://w-wellness.com/ginza/course/woman/
小山嵩夫クリニック:http://koyamatakaoclinic.jp/menu/doc_40over.html

定期的に検診を受けることで自分の身体の変化がわかりますし、それに応じた健康対策もとれます。
それを機に生活の見直しなどをするのもいいでしょう。

まだまだ日本では更年期の話はしにくいと思います。
どちらかというと、からかい目的で使われていることもあります。
50歳前後の女性がイライラしていると「更年期か?」なんてからかわれているのを聞きます。
更年期は決して恥ずかしいものではありません。
人口の半分を占める女性であれば自然と経験するものです。

ひとりでがまんせず、そして症状がないから「自分は大丈夫」ではなく、自分の身体に変化が起きている時期なんだと認識して、自分の身体としっかり向き合いましょうね。
そして更年期以降の人生も元気に美しく過ごしていきましょう!