ホルモンの減少スピードが違う!男女の更年期

更年期、女性にとっては気になるキーワードですよね。

更年期は、閉経前5年+後5年の計10年間をいいます。閉経がおよそ50歳といわれていますので、平均的には45-55歳ってことですね。

このグラフのとおり、女性は閉経前後で女性ホルモンが急激に減少します。

この減少に伴って起きるのが更年期症状です。

一方で、男性ホルモンは徐々に減少していきます。

男女でホルモンの減少が違うということは、当然更年期の症状の程度も異なりますよね。

パートナーとこの違いをお互い知っておくことが更年期を乗り切るヒントになるかもしれませんね。